【Unity】SpriteEditorで1枚のテクスチャからAnimationを作る

公開日: 2:24 Unity[画像] Unity2D
























1枚の画像にキャラの複数の動作を描き、
そこからキャラのAnimationを作成します。








1.SpriteModeを変更


画像を選択し、Inspectorを表示させ、
SpriteModeをSingleからMultipleに変更。



Inspector














【SingleとMultiple】

・Single

画像全体を1つのスプライトとします。


・Multiple 

画像を分割して複数のスプライトを作成します。






2.SpriteEditorを開く

SpriteModeの欄にあるSpriteEditorを選択、
SpriteEditorが開きます。
上記画像の赤線ラインの場所です。



SpriteEditorのウィンドウが現れます。


























3.Sliceの設定

SpriteEditor左上のSliceをクリックすると
設定画面が表示されます。













・Type

自動で切り分けるか手動で切る範囲を設定するか。
よほど複雑な形でない限りAutomaticでOKです。

 
・Pivot

画像の回転軸を設定します。
例えばcenterを選択しておくとspriteを回転させると
中央を中心として回転します。


・Method

TypeをAutomaticにした場合表示されます。
テクスチャ内に複雑なスプライトが配置されていると
Automaticで切り分けを行った際
うまくいかない事があります。

もしAutomaticによる切り分けがうまくいかない時に
この項目を変更することで状況が改善される
場合があります。








sliceを押すとテクスチャに線がつきます。
この線が実際にSliceする範囲になります。







4.Sliceの実行


Sliceボタンを押して実際にカットする範囲を
表示させた状態で下画像赤線の位置にある
Applyボタンを押してSliceを確定します。


ApplyでSliceを反映させます


















Projectの欄を見るとSpriteの横に
三角形が表示されています。
クリックするとSliceしたspriteが表示されます。

















SpriteEditor上でSliceした画像をクリックすることで
各画像の名前などを変更することができます。




























以上がSpriteEditorの流れです。













スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿